maker

  • # tadazhi tadazhi

    tadazhiはデンマークで、Tobineという名のダーニッシュスウェディッシュファームドッグを愛犬に持つCharlotte Ellegaardによって、2019年に設立されたデザイン会社です。
    妥協することなく、最高の品質と生活に調和したミニマルなデザインのアクセサリーを提供することが、彼女らのポリシーです。
    従来の犬のアクセサリーの考え方に挑戦し、家具と調和したデザインのアクセサリーを提供します。天然素材にこだわり、生涯使える高品質の綿生地を使用、犬のベッドは手作りです。
    また、ほとんどの製品は洗濯機で洗浄および乾燥機で乾燥でき、カバーのある製品についてはファスナーでカバーを簡単に外せるなど、デザイン性だけでなく、実用的である製品を提供しています。

  • # MUTTS&HOUNDS MUTTS&HOUNDS

    2011年にローラによって設立されたMUTTS&HOUNDSは、動物への愛情とデザイン、テキスタイル、インテリアへの情熱から生まれ、犬と愛犬家にとってイギリス最高のライフスタイルブランドになりました。
    彼女はデザインの学位とパターンカットの経験を生かし、自分の犬を念頭に置いて、実用性の重要性を忘れずに、犬のコートやおもちゃのデザインを始めました。
    そして、老舗高級百貨店ハロッズに見出されるやいなや、MUTTS&HOUNDSは、世界中の顧客が愛する犬のスタイリッシュブランドになりました。
    今日、Mutts&Houndsは幅広い製品を提供しており、それぞれがウィルトシャーにある会社の田舎のスタジオとワークショップを取り巻く美しいコッツウォルドの田園地帯から着想を得て作成されています。
    オリジナルのユニークなプリントリネン、ヨークシャーツイード、イタリアンレザーで構成されており、首輪からベッド、おもちゃ、ボウル、ビスケットなど、さまざまな商品が揃っています。
    会社の成長にもかかわらず、製造の多くは依然として社内で行われているため、小規模で情熱的なチームは、シーズンごとにエキサイティングな新製品を導入し、高品質の品質を維持する柔軟性を実現しています。 Mutts&Houndsは定期的にメディアで取り上げられ、多くの著名な顧客から選ばれており、現在は18か国の200を超える店舗で取り扱われています。

  • # LABBVENN LABBVENN

    Lavvbennは、犬を愛する2人、JolantaとPiotrによって、2016年に南西ポーランドのスデテ山脈のふもとの美しい場所に設立されました。
    Labbvennの製品は、インテリアにフィットするクラシックなフォルムに基づき、モダンなセンスを大切にする犬や愛犬家のためにデザインされています。
    製品はメンテナンス性も考慮されており快適です。
    彼女たちは、細心の注意を払い、基準からの逸脱を許さず、常に最高レベルの品質を維持します。
    Labbvennの製品はすべてポーランドで製造されており、イタリア、ドイツ、ポーランドなどヨーロッパの素材を使用しています。

  • # Cloud7 Cloud7

    Cloud7は2010年にプライベートプロジェクトとして開始され、自社のラブラドール「ヨハン」のためにデザインされた製品を商品化し、そこから発展しました。
    同社はTommy Hilfigerなどの元ファッションデザイナーのPetra Jungebluthによって設立され、サスティナビリティ、デザイン、製造における公正な取引という明確な原則に従って運営されています。
    すべてのCloud7の製品は、独自のデザインスタジオで設計され、繊維、皮革、およびセラミックの各分野の専門メーカーや長期パートナーと共同で生産されています。
    同社の商品は、高品質でサスティナブルな素材のみを使用しています。多くの国際的なデザイン賞を受賞したCloud7の製品群は、自社のオンラインショップだけでなく、ほぼすべての大陸の35か国で取り扱われています。

  • # Frimousse Dog Frimousse Dog

    Frimousse Dogは、2014年に創設された、男性および女性向けのプレタポルテのトレンドに着想を得た犬用アクセサリーのブランドです。
    フランスで設計、デザインされた作品は、南フランスにあるワークショップで、すべて手作業で、職人の手によって作られています。
    また、原材料の選択にも細心の注意が払われています。
    Frimousse Dogは、フランスおよびヨーロッパ各国の50を超える店舗で取り扱われています。

Contact Usお問い合わせ

ページ上部へ